日頃お世話になっている皆様へ
このメルマガは「もっと皆様と交流を深めたい!」という思いで作り、お届けしております。気になる内容があればもちろん、質問や感想など、気軽にご返信ください。皆様の声、お待ちしております!

フルショウ ノリタカ

おおつか音楽祭と誕生日…

2017-06-07

 5月25日(土)に『おおつか音楽祭』というイベントに出演して参りました。
 おおつか音楽祭とは、2009年に始まった大塚の街の魅力を再発見し、新しい付加価値をもった街づくりをすべく、明るく楽しく文化的な、かつ商業的にも盛大な催事として開催する町ぐるみのお祭りで、至る所に特設ステージを作りパフォーマンスが繰り広げられます。

 私たちは三味線とラップ&ボイスパーカッションとタップダンスという、珍しい編成で、生徒からも数名誘い、30分のショータイムで6曲の演目を披露してきました。

 実は、その中にちょうど、音楽祭の当日に誕生日の生徒がいたのですが、他の生徒の提案で、サプライズで誕生日を祝う事に。どうせなら派手に、楽しく、リズムスピーカーらしいお祝いの仕方をしようと思い、イベントの真っ最中に彼を祝うという演出を作りました。内輪ネタになりずぎない様に細心の注意を払いつつ、それでいて最高のサプライズ誕生日となるように…

 演出のシナリオを簡単にいうとこんな感じ…

 当事者の生徒は、何も知らず当日をむかえます。そして彼には重要なポイントでの、重要なソロパートを踊る使命をかせました。彼はやる気満々です。

 しかし本番には、その彼のソロパートで、スティービーワンダーの「ハッピーバースデー」が急にリミックスされるのです。彼は音楽ハプニングだと思い立ち尽くす。すべてを把握して裏で話をあわせて練習をしていた我々は、ハッピーバースデーに合わせてテンポ良くお誕生日グッズを身につけさせ、ケーキを食べさせ、クラッカーをならし、記念撮影をパシャり!!

P5251284.JPG

 そしてそのまま、何事も無かったかのように曲も元に戻り、演目が続いていくのです。
彼の意気込んだソロはそのまま忘却の彼方へ…(言葉で伝えるのは難しいですね。当日の模様をスタジオのテレビで放送していますのでご覧ください。)

 私は当日だけのリハーサルだけで、こんな素敵なサプライズを成功させてしまう生徒を誇りに思います。そして、全力で仲間を祝おうというみんなの心に、私自身が最高のエンターテイメントを感じました。

 そして5月4日に私も誕生日を迎え34歳になりました。もちろん盛大にみんながサプライズパーティーを開いてくれました。今日のメールマガジンは、そんな生徒に囲まれ幸せです、というちょっとした自慢でした。〜感謝〜

 追伸;34歳の私の抱負は身体作り。生徒たちも、日々TAPが上達してきていることもあり、私ももっとみんなと素敵な時間を過ごせるよう、踊りつづけます。

Scan 120930000.jpg